スポンサーサイト

  • 2018.07.12 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『つよきす』対談 第7回 椰子なごみ編

    • 2018.03.28 Wednesday
    • 19:57

     

    つよきすFull Edition 応援バナー

     

     

    (各キャラ点数一覧はこちらのページを参照ください)


    ☆1

     

    fee「なごみはすごくかわいいです」

     

    残響「まったくそのとおりですね。シナリオは、そんなに盛り上がらないけど……盛り上がらなさすぎな気もするんですけど……」

     

    fee「なごみの母親、のどかさんの再婚の話ですね。基本的にそれだけなんですけど」

     

    残響「それだけですよね」

     

    fee「かなり丁寧な展開で、僕は好感を持っています。良いストーリーだと思いました。すごく丁寧で無駄なシーンがほぼないなぁと。唯一無駄なところと言えば、体育祭でフカヒレが変身するところくらいですかね……。ここは超つまらなかったんで勘弁してほしかったw」

     

    残響「余計なものを入れないシンプルさ。なるほど。装飾的&情報量過多であればよいというものでもないですね *1」

     

    fee「 なごみルートは最後に山場(天王寺さんとの対決)も来てるし、途中で物語がフェードアウトして後はイチャエロ一辺倒でもないし。大きな山ではないけど、最後まで山場をとってあるし」

     

    残響「ふむふむ。まあ、物語のゆるやかな盛り上げ……というかテンションの推移はありますね」

     

    fee「それに……このなごみの物語は、危うい話だったと思うんです。レオが対処を間違えていたら、なごみがもっとマズい方向に走っていた可能性もあって」

     

    残響「ありますね(断言)」

     

    fee「ありますよね。よくわからないレディースとかに入っちゃうかもしれないし、それこそ性被害とかに遭っちゃうかもしれないし。人生の裏街道に行きかねなかったところを、レオ君が救ってます」

     

    残響「ですね。レオ君が救っている。確実に救っているんです」

     

    fee「乙女さんやエリーにはない危うさが、なごみにはあります。思春期っぽい、危うい気持ちを一番抱えていたのがなごみではないでしょうか。*2 純文学やミステリなどでも、少年少女が非行に走る切っ掛けを描いた作品があるんですけど、そういう文学性みたいなものも感じました。『なごみ大丈夫かな』と思って読んでいましたので、物語的に惹きつけられましたね」

     

    残響「なるほど」

     

    fee「割となごみには共感できるんです。『つよきす』ヒロインの中で、自分に一番近いのはなごみなんですよ。なごみほど大げさではありませんが、僕も割と、人を『親しい相手』と『それ以外』に分けますし、『親しい相手』以外には『自分』を出せないところがあるので。まぁ、単に人見知りと言ってしまえばそれまでなんですがw 
    ある程度自分と重なる部分があるキャラの方が好きになりやすいんです。残響さんはどうですか?」

     

    残響「なごみはかわいい。で、なぜ【なごみはこんなにかわいいのだろう】と考えていたんですが……使い古された言葉を使うと、【ギャップ萌え】というやつですよね。クール系の一匹狼なヤンキーで、怖いノリでいくのかと思ったら、実は相手に【尽くす系】だったという。ファザコンなどに象徴される幼さを持っていたり。料理話にしても、怖そうなキャラが、意外と料理が好きだった、というレベルではない。料理に本気で取り組む姿勢をシナリオのメインに据えているのも良かったですね」

     

    fee「確固たる夢を持っているのって、エリーとなごみだけ?」

     

    残響「そうですね。エリーは夢というよりも野望みたいな感じですけど」

     

    fee「なごみルートは夢を真正面から描いてるのがいいですよね」

     

    残響「なごみルートはさじ加減次第では、ダメなヤンキー(DQN)の方向に行っちゃうかもしれませんし、天王寺さん絡みで一波乱あってもおかしくなかった。天王寺さんがさすがに怒るとか、のどかさんがガチ怒るとか、そういった騒動があってそれを乗り越えていくという形も想定できた。……それでも良かった。でも、そうはせずに、すんなり行ったじゃないですか」

     

    fee「怒るというのはなごみに対して?」

     

    残響「なごみに対して。あるいはレオがとばっちりを受けて【彼氏】に対して。そういう展開をわりによく見るんですが、このルートに関しては全くといっていいほど、ゴタゴタがなかったんですね」

     

    fee「ないですね」

     

    残響「プレイしている最中にはこんなにスッキリ行っていいの?とも思ったんですが、プレイが終わった後はしかし、『これで良かったんだなぁ……』って。天王寺さんを筆頭に、みんなめちゃくちゃ良い人で。癒し系というか、安心してプレイできました」

     

    fee「なごみルートは最初が荒れているので、これでいいと思います」

     

    残響「あとは、エロいっすね。単純にスタイルが良いというのもありますし、幼児性を持ちながら、スタイルが良くて、そのアンバランスさが強烈なエロを醸し出すという。あと、途中から同棲するのもいいですね。家事をやりながら、なしくずしにエッチいこともしちゃえ、みたいなところも良かった」

     

    fee「『つよきす』は、Sに属するヒロインとMに属するヒロインにくっきり分かれている作品ですよね。乙女さんとエリーがS。よっぴーはドMで、なごみと素奈緒がM。カニがどっちとも言えないオールマイティな感じなんですけど。
    よっぴーを除けばなごみが一番Mっぽい。僕自身がSだから、Mな娘が大好きで。よっぴーレベルのドMだと引いちゃうんですけどw だからなごみもエロいなと思いました。好きな人に強く迫られると、断れなさそうだし」

     

    残響「【尽くす系】でもありますし」

     

    fee「そうそう」

     

    残響「なごみに一つだけ不満点があるとすれば、共通ルートや他ヒロインルートで、なごみの存在感がない。というか出番が少ないんですね」

     

    fee「少ないね、うん」

     

    残響「まぁ距離を取りたいキャラではあるので仕方ない部分もあるんですが、もう少しうまく動かせなかったのかなぁと思いました」

     

    fee「共通ルートから個別ルートに入るところで、ヒロイン選択画面がありますよね。
    あの時点で、なごみに会いに行くという選択肢は普通に考えて『ない』と思うんですよ。共通ルートで全然出番がなくて、一度助けて一緒に生徒会に入った、それしか関係性がないんですもん。レオの立場からしたら『誰だこいつ?』みたいな感じでしょ? カニは幼馴染だし、姫には憧れてるし、よっぴーは同じクラスのかわいい子。乙女さんは一緒に暮らしている従姉」

     

    残響「素奈緒もちょっとわからないですけどね」

     

    fee「素奈緒はまぁ、数年前の友達だか恋人でしょ? まぁ、会いに行くかどうかは別ですけどw なごみは……関係性自体がまだ何も生まれてないよねっていう。かわいいと思ったら積極的に声をかけにいくナンパ師だと思えば、特に気にならないかもしれませんが。自然なレオ君の心の動きを考えれば、初っ端なごみに会いに行く選択肢はないよなぁってw」

     

    残響「カニから分岐して行けば自然だったかなと。カニと積極的に絡めていって、そこからの繋がりで〜みたいな」

     

    fee「そうですね。そういえば、なごみとカニが和解するシーンがなかったのも残念かなぁ」

     

    残響「『さすが蟹沢先輩!』とか。あるいは、『カニもなかなか……』みたいなシーンがあっても良かったと思うんですけどね」


    *1……このあたり、後日の『三学期】への伏線でもあります。さかき傘氏的に職人技でもって、しかも愛をもって、丁寧にやればそれは全て良いのか? そうでもなかったというのがノベルゲームの面白いところですね。

    *2  フランソワーズ・サガン「悲しみよ、こんにちは」、スティーブ・ハミルトン「解錠師」、
    エヴァン・ハンター「去年の夏」など。

    *2  ヤバいな……純文学を読んでたタチのわたくしではあるんですが、パッとそういうお話の例が出てこないのは、その手のお話が好みでない、自然と避けてたからっちゅう理由で……。
    ……サリンジャーの「ライ麦畑」はどうなのかなぁ。いや、むしろ同じサリンジャーでも「フラニーとズーイ」の「フラニー」パートは結構危うい状況にある少女が「折れそう」なその瞬間を描いている……けど、フラニーは非行よりも初期引きこもりにいってしまいましたし。それをイケメン兄が精いっぱい言葉を尽くして救おうとするのが「ズーイ」パート。でもそのズーイ的能弁性って、レオ君とは真逆ですよね。うーん参考にならん。



    ☆2

     

    残響「このルートの特徴として、レオ以外の視点もかなり多いんですよね。なごみ視点や、フカヒレ視点もあります。群像劇的というか。このルートのフカヒレはいいですね」

     

    fee「いいですね。かなり活躍してます」

     

    残響「各々の、個人のモノローグをじわっと出してくるところが、ぼくは【文学っぽさ】を感じました」

     

    fee「ところで椰子のどかさんって何歳ですか?」

     

    残響「……それは永遠の謎です……………………(沈黙)」

     

    fee「学生時代にもうなごみを産んでいたとしたら、30代前半とかでもおかしくないですね」

     

    残響「その可能性は高い」

     

    fee「天王寺さんが35歳くらいだったはず。天王寺さんより年上なオーラが出ている気もするんですが、年下だとすると33とかで……多分30〜40くらいの間ですね。広めにとって。
    椰子のどかさんのHシーンはないんですか?」

     

    残響「だはははww」

     

    fee「なごみだけじゃなくてお母さんも食べちゃったー。天王寺さんごめんなー Byレオ」

     

    残響「ヤバいなー。せっかくなごみルートの最後で天王寺さんとレオは友達みたいになったのに」

     

    fee「レオがダメなら、突然天王寺視点になってのどかさんとHシーン……。
    ……喜ぶ人と怒る人と、どういう比率になるのかがすごく気になります。他人のHシーンなんて見たくねぇよ!って言ってキレる人と、のどかさんのHシーンだやったー! と喜ぶ人とどれくらいの割合なんだろうw」

     

    残響「今のエロゲご時世では、実験するのもかなりリスキーなw」

     

    fee「本編に入れないでおまけシナリオに入れればいいかなって思うんですけど。まぁ、一番つまんないのは、レオ×なごみ×のどかの3Pをやった後、レオの妄想だったというオチですね」

     

    残響「はははww(同意)」

     

    fee「オーガストがよくやるんですよ!」

     

    残響「あ、そうなんですか(本気で知らない)」

     

    fee「オーガスト未プレイですか? オーガストやりましょうよー!」

     

    残響「まじな話、最近、ちょっとやってみようかなと思ってるんですよ」

     

    fee「おっ、マジですか!? 是非やりましょう! って今は『つよきす』の対談中だから……」

     

    残響「そうですよ *3」

     

    fee「で、オーガストなんですけど……ダメだ! 『つよきす』に集中できなくなった。すみませんが、ちょっと休憩入れさせてくださいw」


    *3……ただのオタトーク布教しあいやないか



    ☆CGコーナー

     

    残響「迷うなぁ」

     

    fee「2枚っていうのが結構ギリギリのラインなんですよね。あと、なごみはエロいんだけど、エロCGがそんなにいいかと言われると」

     

    残響「それは同意します」

     

    fee「絵のタッチが少年漫画っぽいというか。もうちょっと淡い感じの方が僕は好きなんですよね。2学期や3学期の方が絵は好きです」

     

    残響「ああ、なるほど。ちょっとね、無印は、ハードとまでは言わないけど、ある種の【まろみ】というか、【甘さ】みたいなのは薄いかもです。個人の意見ですが」

     

    feeセレクション

      ↓

     

    残響セレクション

      ↓

     

     

    fee「1枚目はフォークダンスで」

     

    残響「そう来ましたか。ぼくは、確実に素晴らしいというのが1枚決まっていまして。水着でレオに水をかけてるやつです。それから2枚目は龍汁を、おぼんでもってるやつ」

     

    fee「あー、水着なー。水着はわかります。僕も候補だ」

     

    残響「龍汁の方は、ポニーテールの破壊力ですね。基本的になごみはストレートに降ろしてるじゃないですか。でもここで髪を上げてエプロンしましたかあなた、みたいな。イメチェンの新鮮・斬新。これは良かったです。もう一つ挙げるとするならば耳かき笑顔差分です」

     

    fee「まぁかわいいよね。僕は笑顔だったらこっちのドアップ笑顔かなぁ。ただ、ドアップCGは選びたくないという妙なこだわりがあるんです。水着もわかるんですよ。わかるんだけど、水着の良さなんだよなぁ。水着すごくいいからねぇ……1枚1枚語りたいくらいだ」

     

     

    残響「なごみのCGは粒ぞろいですよ」

     

    fee「単純な下心で言うなら、覗き温泉CG。多分なごみルートのレオ以外は、なごみの裸は見られません。乙女さんの裸はどのルートでも見られるから……」

     

    残響「はははw ありがたみがない」

     

    fee「ってかこのCG、カニはどこに行ったんですかw? カニの貧相な身体なんて誰も見たがらないってことで、カニがはぶられたんですか?」

     

    残響「悲しい女や……。それと、乙女さんの顔が弥勒菩薩みたいになってるのも面白いです」

     

     

    fee「どうせ風呂で歌でも歌ってるんでしょ? 後は、バーベキューのシーンも楽しそうでいいよね。生徒会活動の雰囲気ですけど」

     

    残響「どのエロシーンもなごみの水着には敵わないなぁっていう」

     

    fee「女の子がクンニされてるのを見るのが大好きだけど、なごみがクンニされてるCGがそこまで好きかと聞かれると、そうでもなかったり。あと、中華街で口をとがらせてるのもいい」

     

    残響「ああ、あれもいいですね。明るくて」

     

    fee「あと、こういう時は出てこないと思うけど、横須賀中央の駅でたそがれているなごみのCGも印象深いところがあるし」

     

    残響「うーむ、話は尽きませんなぁ(萌え語りの夜は更けていく……)」



    第8回 蟹沢きぬ編に続く……

     

    スポンサーサイト

    • 2018.07.12 Thursday
    • 19:57
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
        fee (11/21)
      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
        残響 (11/20)
      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
        cyokin10w (11/19)
      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
        残響 (11/17)
      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
        fee (11/08)
      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
        通りすがり (11/08)
      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」 第3回/全5回予定(?)
        残響 (11/03)
      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」 第3回/全5回予定(?)
        fee (10/30)
      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」 第3回/全5回予定(?)
        cyokin10w (10/29)
      • エロゲ対談番外編作品クロスレビュー「ラブラブル」 第2回/全5回予定?
        残響 (09/14)

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM