『つよきす』対談 第4回 佐藤良美編

  • 2018.03.07 Wednesday
  • 19:28

 

(各キャラ点数一覧はこちらのページを参照ください)

 

つよきすFull Edition 応援バナー


fee「よっぴーはルートが2つあるんですよね。レオ君が雨の中でよっぴーと抱き合って終わるやつと、エリ−3Pルート。とりあえず、よっぴーと抱き合って終わるやつを『正規ルート』と呼称しまして、先に語る事にしますか」

 

残響「そうしましょう」

 

fee「(残響さんのシナリオ点数を見る)たっけぇぇぇぇぇ!!!! どうなってんだよ!! 僕なんてシナリオ3.5点だよ3.5点!! 残響さん7.5っすか! ここまでの『つよきす』対談で最大の衝撃ですよ!」

 

残響「はっはっは。このシナリオは面白かったですよ」

 

fee「どうぞ、語ってください!」

 

残響「やりたいことというか、描きたいことというか、それが明確で。ところどころツッコミどころはあるんですが、テーマをストレートに描いてくれたのが良かったなと。よっぴー(という人間存在)を肯定するか否定するか……は、難しい話なんですが」

 

fee「うん」

 

残響「あまり重い話はしたくないんですが、よっぴーは『汚い』という言葉に過剰反応しますよね。そこからエロに繋がるところも含めて、残響の過去の実体験から、割と理解できるんです。潔癖症(強迫神経症)というのは人生を破壊するほどの病気なのですが、なぜこれが生まれるかというと、やはり家庭内での教育……規範意識、に原因があります。汚いものからエロへというのも、流れ的にも、不思議でもなんでもなく、なるほどな、と。ライターのタカヒロさんは、その辺りをよく理解して描いているなと思いました。アカデミックな病理学というよりは、【こういう病理の意識の流れがある】ときっちり認識して。そういう意味でもシナリオの評価は高いです。
 はっきり言えばよっぴーは頭がおかしい人ですが、その【おかしさの枠内】では全然矛盾していません。ローカルルールそのものはおかしいけど、ルール自体からは全然逸脱していない。もちろん言うまでもなく、【ローカルルールを守らなきゃいけない意識というそのものがヤバい】んですが、そこすら描いている。……そういう意味でもタカヒロさんは巧いです」

 

fee「なるほどなぁ」

 

残響「よっぴーには、レオ君がいて良かったなぁと本当に思いました」

 

fee「えっとですね。僕の意見を言いますけど……残響さんの方がこの手のテーマについては詳しそうだからなぁ……専門家の人が7.5つけてるのに、素人の僕が3.5をつけるのもどうなのかなってのもあるし……」

 

残響「まぁそういわずにお願いしますw」

 

fee「敢えて言いますけど、僕はタカヒロさんがこのテーマを描くにあたって、【真面目な姿勢】で取り組んでいるのか? というところが引っかかっていて」

 

残響「真面目とは?」

 

fee「ちょっと横道にそれますけど、『つよきす』のキャラクターって家庭環境が軒並み悪いんですよ。スバルなんかは解りやすいんですが、カニとかフカヒレとか……」

 

残響「カニはわかります。フカヒレもですか」

 

fee「フカヒレもです。スバルみたいに、あるいはなごみみたいに真っ向からそういうテーマを描いてくれれば、『真面目だな』って思うんですよ。エリーも家庭環境悪いですよね。レオ君だって、両親が勝手にどっかに行っちゃってますし。なごみのママは例外ですが、パパはいないし。『つよきす』のキャラクターは、家庭から愛情を受けているキャラが、ほぼいない」

 

残響「そうですね」

 

fee「よっぴーのトラウマネタ的なものも他のキャラで反復されています。たとえばレオが子供のとき乙女さんにしごかれていて、恐怖のあまり乙女さんを忘れていたというネタがあるんです」

 

残響「はははwww しどい」

 

fee「フカヒレ君も、何かというと姉に脅えるトラウマシーンがあります。あれもよっぴーと同じ症状だと思うんですよ。なのにフカヒレはネタキャラだから『面白いでしょ?』みたいな。トラウマという本来茶化してはいけないはずの問題をネタにして、笑いを取りに行っているように見えます。
そういう態度のライターが、よっぴーのところだけ急に真面目にやっても『ん?』って感じがするんです」

 

残響「あーー、なるほどね……」

 

fee「というのが一つ。後はエンタメだからいいんですけど、よっぴーは病気が軽すぎでしょ」

 

残響「ほうほう」

 

fee「2週間で治るわけないです。あれを治すのは年単位ですよ。付き合って2週間で完治するわけないじゃないですか。あのあと絶対ぶり返しますよ」

 

残響「まぁねぇ。このあたくしムッシュ残響さんが病気をある程度【抜けた】のだって、何年かかったんだっつう話」

 

fee「大体、病気を抜きにしたって、付き合って最初の1カ月なんて相手の事をまだよくわかっていないでしょ。馴染んできて、『ずっと一緒にいるのかもな』って感覚が出てくるのなんて、3か月とか半年ぐらい経ってからじゃないですか? 本当の意味で『愛している』かどうかが解るのなんて何か月か経ってからですよ。よっぴーは結果を早く求めすぎ」

 

残響「ふふふw もっとも、【結果を早く求める】というのがこの手の人間ではあります。弁護するわけじゃないですが」

 

fee「この時点でレオ君がよっぴーを支えてあげられたとしても、何か月か後にレオ君がよっぴーを支えてあげられている保証は全くないし、雨の中抱き合ったシーンでよっぴーの病気が治ったわけでは全くない

 

残響「そうですね……(納得している)」

 

fee「治っているならいいんですよ。でも治っていないなら何の解決にもなっていなくて、翌日になったらまたよっぴーはおかしくなってると思います

 

残響「そこまで言いますかw」

 

fee「うん。だと思うよ。とすると、シナリオとしては何がしたいんだか全くわからない。読んでいて楽しい話でもないし。ということで3.5点という事になりました。シナリオ評価、全くわかれましたね」

 

残響「わかれましたね」

 

fee「乙女さんでも分かれましたし、今回は割とバトル漫談してますねw」

 

残響「はははw」

 

fee「ヒロイン評価の点数は凄く迷いました。これは、よっぴー正規ルートの点数ということで3点にしました。が、他ルートなどで、たまに黒さを出す優等生よっぴーは、実はかなり好きなんですよ」

 

残響「なるほど」

 

fee「なものですから、この点数はあくまでもよっぴー正規ルートのよっぴーということで、よろしくお願いします」

 

残響「ぼくは、キャラ本体の点数というよりは、よっぴーを嫌いだと言ってしまったら、(これまでの)自分っていう人間を否定することになるなぁっていう……」

 

fee「自己嫌悪みたいな?」

 

残響「自己嫌悪というか、よっぴー的なところが自分にはかなりあるなぁと」

 

fee「そこは他人ということでw」

 

残響「まぁ、他人という事なら、ね……w ガチによっぴー的なるものを、すべて自分に引き受ける必要もないんですが」

 

fee「僕だってよっぴー的なところはありますよ。よっぴー的なところはあるけど、よっぴーがやっているのは愚の愚策だと思うので、よっぽど追いつめられて〇☆▽〇☆にならない限りは、よっぴー的な行動はしないと思うし、相手がよっぴー的な行動をしたら、僕は逃げます。メカニズムはわかるし、気持ちも一部わかるところはある」

 

残響「でもやっちゃったらダメですね」

 

fee「ダメですね。ダメというか、相手が許してくれればいいとは思いますけど、たいていは自分にとってあまり良い結果にはならないと思います。おかしくなっている時は、そんな事を考える余裕もないでしょうけど」

 

残響「しかしどーしよーもないことを言うんですが、ダメな事ばかり言っているよっぴーだからこそ、インモラルなエロさというか。ダメさとエロさが交じり合って何とも言えない味を出しているところはあります(屑)」

 

fee「よっぴーのCGを見ていましたが、結構好きなCGが多いな。これ、ベスト2を挙げるのは大変だぞ?」

 

残響「えっ、そうですか?」

 

fee「じゃあ、いっせーので発表しますか」

 

 

feeセレクション(1)

    ↓

 

feeセレクション(2)

    ↓

 


残響セレクション(1)

    ↓

 

 

残響セレクション(2)

    ↓

 

 

fee「(添い寝を見ながら)あーーーーーわかるなぁ、僕、これも選びたかったなぁ」

 

残響「feeさんはロッカーを選びましたかw」

 

fee「よっぴーのエロはここに凝縮されていると思いますね」

 

残響「凝縮っすか」

 

fee「だからこそ、ここのシーンがあまり抜けるテキストになっていないのがガッカリでねぇ」

 

残響「エロがシナリオに組み込まれていて、エロに意義があるのはいいですよね」

 

fee「最初のロッカーが良かったのに。なんでよっぴーん家でしけこんでるんだよ! 学校でこういうことをやれよ! もっともっと行こうぜ!」

 

残響「ヒューッw シーン・フェティシズムといえば、逆にぼくは、しみったれた家でしけこんでダラダラダラダラ堕ちてってるようなエロが良いので」

 

fee「ははははww あなた、前もそんな事言ってましたねw」

 

残響「言ってましたっけw *1」


fee「家が汚い方がいいとか言ってなかったっけw」

 

残響「そうそう。しみったれた貧乏くさい四畳半で、性交ですえた空気を換気もしないで、若さに任せて肉欲をむさぼる的な。アイテムでコンドームとか使ってても味わいが深いし、逆に怠惰な中出しGOGO!も味がある。美味しい一級品のコロッケは、ソースをかけても美味しいし、かけないでも美味しい、みたいなもんです。とにかく、とにかくも! このしみったれたシチュは好きですねぇ!! *2」

 

fee「なんでだよwww」

 

残響「自分でもよくわからないけどww 他のひとにも、『アナタの性癖は、潔癖症がわかりやすく裏返って、汚濁やしみったれに興奮してるだけじゃないか!』って言われました *3」

 

fee「外見だけで言うなら、よっぴーはつよきすヒロインでトップクラスに好きなんですけど」

 

残響「なるほど。薄幸そうな、正統派美少女」

 

fee「僕、大人しそうで優しそうな娘が好きですからね。とりあえず正規ルートはこんなところかな」

 

 

*1……言ってた。2017年8月30日の残響のツイートより。

 

 

 

*2、3……上記ツイートとの比較で判明されるように、凄く一貫している残響の性癖である。そしておわかりだろうか、本記事の冒頭のよっぴー=「汚いものからエロへ」話に、話題が完全に一巡していることを……。(無意識展開)

 

 

第5回(エリー&よっぴー 裏ルート)に続く……

スポンサーサイト

  • 2018.05.07 Monday
  • 19:28
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
      fee (11/21)
    • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
      残響 (11/20)
    • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
      cyokin10w (11/19)
    • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
      残響 (11/17)
    • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
      fee (11/08)
    • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
      通りすがり (11/08)
    • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」 第3回/全5回予定(?)
      残響 (11/03)
    • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」 第3回/全5回予定(?)
      fee (10/30)
    • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」 第3回/全5回予定(?)
      cyokin10w (10/29)
    • エロゲ対談番外編作品クロスレビュー「ラブラブル」 第2回/全5回予定?
      残響 (09/14)

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM