スポンサーサイト

  • 2018.07.12 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    『つよきす』対談 第2回 大江山祈編

    • 2018.03.01 Thursday
    • 22:29

     

    大江山 祈(つよきす-FulllEdition- HP)キャラ紹介

     

    (各キャラ点数一覧はこちらのページを参照ください)

     

    ☆1

     

    fee「じゃあまず点数から行きましょう……おっ、高い! 羨ましさとエロが高い!」

     

    残響「はいw」

     

    fee「羨ましさの点数に関する言い訳なんですけど、率直に言って、祈先生のルートは羨ましいです。だからもっと点数を上げても良かったんですよ」

     

    残響「はははw」

     

    fee「ただ、そこで他ヒロインとの比較が働いちゃいまして。祈先生ルートも確かに羨ましいけど、他のルートでこれよりも羨ましいルートが幾つかあるよなぁと思って、5.5と抑え気味の点数にしました。しかし、羨ましいのは間違いないです」

     

    残響「多分、羨ましいというのは同じポイントだと思うんですよ」

     

    fee「祈先生のシナリオはとりわけ短いので、内容について話す事ってあまりないんですけど……」

     

    残響「この話はシナリオ構造として、【長くできない】んですよ。祈先生の妹の死を解明するとか、そういう方向性なら長くできるでしょうけど」

     

    fee「それじゃ違う話になっちゃいますね」

     

    残響「面白さのポイントはそこじゃないですからね。祈ルートは、言葉の通り虚無っぽいルートというか、【柳のように受け流す】ような味わいがします。風が通り過ぎる、みたいな感触」

     

    fee「虚無的と言えば虚無的だけど、僕はよっぴーの方に、より虚無を感じました」

     

    残響「なるほどね。あちらは人間存在の本質が虚無の暗黒に近づいてるから(意味不明)」

     

    fee「祈先生とレオの関係はアリだと思う」

     

    残響「ぼくもありだと思います」

     

    fee「祈先生って、結構レオに救われているんですよ。エンディングで、睡眠薬を飲まなくなったという描写もあって。ただSEXをして、ストレス発散するようなセックスフレンドではなく、ちゃんと癒されているんです」

     

    残響「セックスフレンド的な話でありながら、妙に情緒的だったりしますよね。ちょっと純文学っぽいところもあります」

     

    fee「特にエンディングがそうですね」

     

    残響「このルートで印象に残ったCGは月夜で踊るCGと、エンディングの膝枕ですね」

     

     

    残響セレクション(1)

    feeセレクション(1)

       ↓

     

    残響セレクション(2)

        ↓ 

     

    feeセレクション(2)

       ↓

     

    fee「僕もその辺りだなぁ。月夜で踊るCGが1位。2位は……2回目のHシーンの、バックで祈先生を突いてるやつを選びました。祈先生、最初は童貞が食べたいとか、意味がわからない事を言ってきて〜」

     

    残響「あれは意味がわかりませんよね」

     

    fee「そうなんですけど、2回目のHシーンでは、童貞じゃないレオ君とも楽しんでいるようで、その後も続けているようで良かったと思いました」

     

    残響「はい」

     

    fee「一つ聞きたいのは、このルートの祈先生って、他ルートの祈先生とは全くキャラが違うんですが、本物はどっちなの?」

     

    残響「ふふふw これねぇw」

     

    fee「人格が違いすぎると思うんですよ。二面性、というにも違いすぎると思う」

     

    残響「ガードが完璧、という事なのかもしれませんが」

     

    fee「よっぴーはまだ、他のルートでもところどころで黒さを発散しているので、よっぴールートのダークよっぴーを見ても【同一人物だな】ってわかるんですけど」

     

    残響「確かに」

     

    fee「祈先生はそうじゃない。普段はボケボケの女教師なのに、ルートに入った途端にミステリアス教師になってるし」

     

    残響「ボケの一つもなくなっちゃうという」

     

    fee「どうしちゃったの?と。そういえば、祈先生は【館長が童貞】だって暴露してたけど」

     

    残響「だははwww あれねw」

     

    fee「館長の童貞は奪いにいかないんですか?」

     

    残響「あのネタは破壊力がありすぎましたねw」

     

    fee「祈先生、フカヒレ君なんかどうですか? 美味しい童貞ですよ?」

     

    残響「ですよと言われても、コメディリリーフはちょっと」

     

    fee「んじゃあイガグリ君はどうですか?」

     

    残響「コメディリリーフ第二号もちょっと……」

     

    fee「僕、フカヒレ君は結構まともだと思っているんですけどもw」

     

    残響「スバルが、夜のバイトをしているって話がありますよね。祈先生みたいな人を相手にしているんでしょうか」

     

    fee「でしょうね……祈先生も顧客の一人ですか?」

     

    残響「いやいやw」

     

    fee「祈先生を挟んでスバルと穴兄弟になって、カニを挟んでスバルと兄弟になって……スバルとはいろんな女性を共有する付き合いになりそうだ……」

     

    残響「そんな話じゃないでしょwww」

     

     

    ☆2

     

    残響「ところで、祈先生ルートの話は好きか嫌いかで言えばどっちですか?」

     

    fee「嫌いじゃないですよ」

     

    残響「嫌いじゃない、ですか」

     

    fee「好きか嫌いの二択で迫られたら困りますよw だって、そんなに感動するような話でもないし、特に出来が良い話だとも思いませんが。嫌悪感はないし、好きか嫌いかを無理に選ぶなら、【ほんのりと好き】です。こういうシナリオはありだと思います。ただ、こういうシナリオだけで6ルート出されたらクソゲーだと思います」

     

    残響「あー、【こういうシナリオOnly】はちょっとキツいですね。ちょっとじゃないな、かなりきついな」

     

    fee「添え物としてはいいんじゃないですか? これは褒めてはいるんですが、メインヒロインと同列の評価はしづらいです」

     

    残響「メインではテーマを直球でズドーンとやっていますけど、こちらではそのテーマをはぐらかすような事をしていますからね」

     

    fee「んん?(わかってない)」

     

    残響「テーマというか、関係というか、お互いの存在をはぐらかすみたいな」

     

    fee「え? 1対1の恋人関係云々って話?」

     

    残響「祈先生的な生き方にレオ君が憧れていて。でもそういう生き方はあまりいいもんじゃないよ、という」

     

    fee「レオは祈先生的な生き方には憧れていないと思うぞ」

     

    残響「そこのところは詳しく追っていくと、結局【憧れている】って安易に口にした事自体が、祈先生からしたら、表面的なもの……しか見えていないんじゃないの?っていうところであります。……とは言うものの、でも表面的でもなんだかんだで祈先生は、【テンションに流されない】を出来ているんだから、レオからしたらリスペクトできるんじゃないかという話でもあります。嘘とか見せ掛けだけであっても、それをずーっと貫き通している人は、いずれ本物になるー、みたいな禅宗めいた話」

     

    fee「レオ君は単に、本気を出した結果バカにされたりとか、素奈緒の時みたいな二次被害が出るのが怖いからニヒルぶっているだけで、別に【柳のように受け流す人生】に憧れているわけじゃないのでは?」

     

    残響「自分にはできないことをやっているというのは、それだけでリスペクトできると思うんですよ」

     

    fee「僕は、レオが祈に憧れているというよりは、自分が失敗した時はこういう末路になるんじゃないか?みたいに思っているんじゃないかと……。だから、上に見て尊敬するというよりも、守ってあげたい対象として見ている気がします。現にレオは祈先生の事を守ってあげてるよね」

     

    残響「守ってあげてますね」

     

    fee「こういうシナリオもあってもいいよなぁとは思いました」
     

     

    第3回(霧夜エリカ 正規ルート編)に続く……

    スポンサーサイト

    • 2018.07.12 Thursday
    • 22:29
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      28293031   
      << October 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
        fee (11/21)
      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
        残響 (11/20)
      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
        cyokin10w (11/19)
      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
        残響 (11/17)
      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
        fee (11/08)
      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」第6回 おたより編
        通りすがり (11/08)
      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」 第3回/全5回予定(?)
        残響 (11/03)
      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」 第3回/全5回予定(?)
        fee (10/30)
      • エロゲ対談番外編 作品クロスレビュー「ラブラブル」 第3回/全5回予定(?)
        cyokin10w (10/29)
      • エロゲ対談番外編作品クロスレビュー「ラブラブル」 第2回/全5回予定?
        残響 (09/14)

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM